ガンニバル実写ドラマは全何話?最終話まで見るのに何時間かかる?

ガンニバル実写ドラマは全何話?最終話まで見るのに何時間かかる? テレビ番組
Pocket

Disney+ (ディズニープラス)で柳楽優弥さん主演の『ガンニバル』が配信され、大反響となっています。

人を喰っているのではないかという閉鎖的な村の中で巻き起こる警察官大悟と村のとりまとめ役の後藤家のやり取りがとてもスリリングな作品。

原作の漫画は累計210万部を超える大ヒット作で、映像化は難しいといわれていましたが見事にDisney+ (ディズニープラス)がドラマ化、さらには大ヒットとなっています(^^♪

漫画は自分のペースで読めるけどドラマは早送りできないので何時間ぐらい拘束されるか気になる方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ガンニバル実写ドラマは全何話?最終話まで見るのに何時間かかる?と題して、ガンニバルの実写ドラマがどれぐらいの長さなのかご紹介しますをご紹介していきます(^^♪

 

ガンニバル実写ドラマは全何話?

Disney+ (ディズニープラス)のガンニバルのドラマは全7話です。

漫画が原作でドラマ化された作品としては短めではないでしょうか?

例えば、最近の漫画原作となっているテレビドラマですと親愛なる僕へ殺意をこめては全9話ですし、ハコヅメは全10話です。

テレビの場合、3か月の1クールを使うという制限もあるのかもしれませんが。

 

ガンニバル実写ドラマの最終話まで見るのに何時間かかる?

ガンニバルの話の長さは各話によって異なるようで、例えば第3話は40分ほど、第4話は50分と10分も差があるようです。

平均では45分と仮定すると45分×7話で315分と予想します。

最終話がもっと長くなるかもしれませんが、6時間ほどであれば1日で一気にみるにも丁度良い長さではないでしょうか。

私であれば午前と午後に分けて3時間ずつ見てしまいますね(笑)

 

ガンニバルの原作は全何話だった?

参考としてガンニバルの原作漫画についてもご紹介します。

ガンニバルの原作は全13巻のコミックです。

漫画の13巻分の内容がドラマでは7話になっているますので、どこまでの内容が入るのかはファンからすると気になりますよね。

ちなみに漫画については13巻は一気に読むのにちょうどよい長さというコメントもありました。

私もそう思いますね。

私の場合は、漫画一冊を20分くらいで読みますので、これも300分前後(6時間ほど)で読み終えることができます。

予定がなく丸一日空いている日とかにのんびり読むのにちょうどいいですね。

これが30巻とかになるとさすがに次の日と次の週末とかになってその間、続きが気になっちゃう。

なので一日で無理なく読み切れる漫画でおすすめです。

 

ガンニバルの原作を無料で読む方法は?

ガンニバルの原作を無料で読む方法を探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。

ただ、電子書籍であればかなりお安く購入できることが分かりましたのでご紹介します。

おススメの電子書籍はebookjapanです。

私があげるおすすめポイントは以下です。

  • 初回ログイン時に70%OFFクーポンを利用できる(1購入につき最大500円分)
  • 月額制ではなく、解約を忘れていても問題ない
  • 配信作品は100万冊以上
  • 背表紙機能で購入した本を本棚に並べているように見える

70%OFFクーポンを利用することでガンニバルも通常よりかなりお安く購入できます。

\70%OFFクーポンを使ってガン二バルをお得に読む/

ebookjapanでガンニバルを読む

私が一番特徴的だと思ったのは背表紙機能です。

これは、な、な、なんと電子書籍なのに背表紙を並べることができるんです!!

ドラゴンボールとか背表紙がつながって物語になっていたりキャラクターになっていたりする漫画も多かったですよねぇ。

ということで気になる方はebookjapanを見てみてくださいね(^^♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

まとめ

この記事では、ガンニバル実写ドラマは全何話?最終話まで見るのに何時間かかる?と題してガンニバル実写ドラマが全何話かや一気見するのに何時間かかるかなどをご紹介しました。

一日で一気に見るのにちょうどよさそうな長さですね(^^♪

それでは、ガンニバル実写ドラマは全何話?最終話まで見るのに何時間かかる?の記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様のお役に少しでも立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました